【口コミ・ネタバレ】映画『アウトレイジ 最終章』の感想・評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

バイオレンスアクション

【口コミ・ネタバレ】映画『アウトレイジ 最終章』の感想・評価評判

投稿日:


映画『アウトレイジ 最終章』口コミ感想ネタバレ 映画『アウトレイジ 最終章』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「ただのヤクザ映画でも暴力映画でもない!」「まさにこれまでの北野映画を全部足してごちゃ混ぜにした感じ!」「ストレス発散にぜひ見て欲しい!」


上映中【2017年●公開】

 

裏社会の男たちが繰り広げる血で血を洗う激しい抗争の行方を描いた、北野武監督によるバイオレンスアクションのシリーズ第3作。血気盛んな男たちの戦いは日本国内だけでなく、韓国にも飛び火し、国際的な抗争劇へと発展する。西田敏行、白竜、名高達男といったおなじみの面々に加え、大森南朋、ピエール瀧らが新たに参戦。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

日本の二大勢力だった関東山王会と関西花菱会の巨大抗争後、韓国に渡った元大友組組長・大友(ビートたけし)は、日韓を牛耳るフィクサー張会長(金田時男)の下で市川(大森南朋)ら手下を従え、済州島の歓楽街を裏で仕切っている。ある日、買った女が気に入らないと日本のヤクザからクレームが入る。クレームの主は花菱会直参幹部・花田(ピエール瀧)だったが、女を殴ったことで逆に大友から脅されて大金を請求される。花田は側近たちに後始末を任せ、ひとり日本に帰国する。後始末を任された側近が張会長の若い衆を殺害してしまい、激怒した大友は日本に戻ろうとするが、張会長に制止される。山王会を実質支配下に収める花菱会の新会長の座には、前会長の娘婿で元証券マンの野村(大杉漣)が就いていた。金さえ稼げれば何でもありという野村のやり方に、古参幹部の若頭・西野(西田敏行)は敵意を燃やしていた。西野を厄介払いしたい野村は、若頭補佐・中田(塩見三省)に若頭の跡目を取らせようと手を回すが、本心は二人を揉めさせ、いずれまとめて捨ててしまう算段だった。一方、花田が張会長率いる巨大グループを敵に回したことを知った西野は、花菱会の会長代理として、花田を連れて張会長に詫びを入れに行くことにするが、その裏には大金を稼ぐ花田の金をむしり取ろうという魂胆があった。野村は自分の地位を守るため、この西野の行動を利用しようとするが、野村の思惑に勘づいた西野も奇策を講じる。花菱会と張グループの揉め事の裏で、野村と西野の覇権争いが始まり、事態は張会長襲撃にまで発展する。張会長の身に危険が及んだことを知った大友は、張会長への恩義に報いるため、また殺害された若い衆と、過去の抗争で殺された兄弟分・木村の仇を取るため、日本に戻る決意をする……。

●キャスト●

大友 ビートたけし
西野 西田敏行
市川 大森南朋
花田 ピエール瀧
繁田 松重豊
野村 大杉漣
中田 塩見三省
白竜
白山 名高達男
五味 光石研
丸山 原田泰造
吉岡 池内博之
津田寛治
金田時男
平山 中村育二
森島 岸部一徳

●スタッフ●

監督 北野武
プロデューサー 森昌行 、 吉田多喜男
アソシエイト・プロデューサー 川城和実 、 太田哲夫 、 高橋雅美 、 二宮清隆
脚本 北野武

映画『アウトレイジ 最終章』を観た人の感想、評価、口コミ

キャッチコピー【全員暴走】というだけあって、アウトレイジ三作の中でも、一番、銃弾の数が多いのではないかと…

 

ストレス発散に是非見て欲しい。
皆、言いたい放題!スッキリw

 

最終章、だそうです。
一も、ビヨンドも観てません。
日本映画は特にたけし映画は何いってるか聞こえづらいこともあり観ないのですが、縁あってジャパンプレミアにて。
ピエールでてるんだ〜、あ!光石さん⭐️!!
とか少し嬉しかったり。。

 

海外で評価されるキタノ映画。
主にフランスですかね。
感覚で映画を感じる国だからでしょうか。
細かいことは気にし無い。
あるシーンから発せられるその気迫で評価する国、なんでしょうね。

 

キャッチコピー【全員暴走】
北野流バイオレンス・エンターテイメントもいよいよ最終章。

銃がないだけで人間関係、社会のヒエラルキー、誰がトップに上がるか常にあるわけで、会社組織でもこういうことはあるなぁと。
タイトルにCODAとあり、今回の鈴木慶一氏の音楽もそんな感じで巧く奏でられていて◎

スポンサーリンク

 

《騙し合い》《裏切り》《抗争》といったヤクザの世界のドッタンバッタンを描き、タケシワールドが相変わらず炸裂していて爽快です。大友が一匹オオカミで暴れまくると思いきや、慕ってくる市川とのバディ感もいい感じ。
バリエーションに富んだ殺し方も相変わらずで面白い。
バイオレンスアクションなので、そういうのが好きな方は気にいると思います。
だだ、全体的に出演者の年齢が上がっていて何を言っているかわからなくて字幕が欲しいなぁと思ったり(笑)まぁ、元気なお爺ちゃん映画は好きなので、この映画も大好きです。
最終章に相応しい映画だと思いました。

 

想像よりも静かに進んで行くストーリーに意外〜と思っていましたが、最終的にはバイオレンス。
そして大友はキッチリ落とし前つけております。

得したのは何だか、光石さんじゃないか!
とニンマリしたり。

 

私も一緒に
\バカヤロー!コノヤロー!/
って言ってみたい。

 

たけしさんは「やっぱり、オイラの映画になっちゃうんだろうな」と以前言ってましたが、確かに!。
そして、大友の映画です。
でも、金田時男さん演じる張の映画にもなってるなと感じました。
この方は存在感あるな~。
俳優陣もホントに素晴らしいです。

 

大好きなアウトレイジが終わってしまうかなしみ。
個人的には、今回の花菱のヤクザがバカばっかで途中でものすごいイライラ笑。
インテリヤクザが好きなので。。。
大友さーーーーーん。。。

 

ただのヤクザ映画でも暴力映画でもない。役者さん達の役者魂と緻密な心理戦を楽しむ映画。暴力は装飾品でしかない。最終章はそれぞれのけじめをはっきりさせる結末。まだまだアウトレイジシリーズを味わいたかった。

 

全日本ヤクザ役が似合う俳優コレクション完結編

 

凄く説明やカットが親切な映画でありながら、物語としてキャラクターが殆ど意味をなしていない。なのに、俳優陣がとにかく素晴らしい。
「ソナチネ」のようで「TAKESHIS'」のような北野監督作品をまた観れたことを本当に嬉しく思います。

 

表社会と裏社会、巻かれて生きるか、真っ直ぐ生き抜くか

 

主演のビートたけしさんをはじめとした前作の主要キャスト、西田敏行さん、塩見三省さん、白竜さん、名高達男さん、光石研さん、松重豊さんが続投し、それに大森南朋さん、大杉漣さん、ピエール瀧さん、岸部一徳さん、池内博之さんが新たに加わって、目力、顔力、そして勿論演技で、テンション高く火花を散らしていく。

このシリーズを観ていて思うのは、暴対法でシノギがし辛くなっている暴力団社会において、大友のような義理を重んじるような古いタイプのヤクザはどんどん減っていって、今回、大杉漣さんが演じた野村のような経済ヤクザが幅を利かせているような気がする。

 

悲しさ。笑い。恐怖。
全てが地続きで、全てが繋がっている。
暴力はある時は悲しいし、ある時は笑えるし、ある時は怖い。
ほんと不思議な映画だと思う。

 

これこそ映画だ!と声を大にして言いたい。
悲しさ、笑い、恐怖があってこその映画だ。
私たちは「悲しさ」だけの世界では生きていけないし、「笑い」だけの世界では生きていけないし、「恐怖」だけの世界で生きることはできない。
怖すぎる時はおもわず笑ってしまうし、笑い転げた後はなんだか悲しくなる。
そういう感情の波を起こさせてくれるから、私たちは映画を観るのだと思う。

 

頭がよい人が伸し上がるのか
頭の回転が必要なのか
それとも人望なのか。
騙し合いながら探り合う。

最後までハラハラドキドキでした。
本当に最終章なんですね。。。

 

アウトレイジ、アウトレイジビヨンドと続いて最終章。
どのシリーズとも似ていないし、どの北野映画とも似ていない。
強いていうなら、ソナチネ的なニヒリズムなようなものもあるが、この映画全体の空気はソナチネ的ではない。
なんだか笑えるし、なんだか怖いし、なんだか悲しい。
まさにこれまでの北野映画を全部足してごちゃ混ぜにした感じ。

 

今までのアウトレイジよりソナチネ寄りだった。生たけしと本編最後で二回泣いた

 

端的にいうならば、
ヤク◯の会長になりたいヤ◯ザと出会う◯クザすべてブチ殺すヤクザ
余白と深みがある、とてもいい映画だった。

 

武さんの演技って超スター演技でどこまで行っても武なんだけどそれだから映画のメッセージ性が直球で伝わってきます。

警察に向かって「上には逆らえないのかこのチンピラ!」というシーンなどコメディアンという一面を持った彼のユニークな社会批判が伺えて非常に面白かったです!

 

ハローワークのとこ、みんな笑いこらえてるのかなぁ

 

本作は「全員悪人」って表示無し!?
「全員暴走」って、ラストだから組織を潰す人が出演するのか? (戒心した東国原英夫元知事(笑)?)
細かい人間関係やストーリーよりも「バカヤロー」「コノヤロー」のセリフの方が耳に残った。シリーズ各作品「バカヤロー」「コノヤロー」は50回前後セリフに使われているそうです。

 

1作目が好きな人は満足できないし、2作目が好きな人も満足できないけど、
極上(道)コメディどんぱちエンターテイメントに仕上がってます。

 

アウトレイジが帰ってきた。
ビヨンドの「全員悪人 完結。」なんてキャッチコピーは関係ない
再びあの歪で狂った世界を目にすることができて嬉しいんだ バカヤロー!
今回こそ終わりなんだよ コノヤロー!
こんな感じのハイテンションで臨んだが、冒頭から強烈なカウンターを喰らった。

 

あれ、ナイトスクープしてる人がいつもと雰囲気違う。

 

大森南朋めちゃめちゃかわいかった………。

 

最終章まで生き残った男達の末路
ぜひ劇場でご覧ください。

青春★★
恋 ★
エロ★
サスペンス★★★
ファンタジー★★
総合評価:C

 

ヤクザものの映画、血が飛び交う映画はノンフィクションを除いて苦手というのもあり、中盤寝落ちしました。ごめんなさい。
私には北野監督作品はまだ早いということか。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-バイオレンスアクション
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.