【口コミ・ネタバレ】映画『GODZILLA -怪獣惑星-』の感想・評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

アニメ

【口コミ・ネタバレ】映画『GODZILLA -怪獣惑星-』の感想・評価評判

投稿日:


映画『GODZILLA -怪獣惑星-』口コミ感想ネタバレ 映画『GODZILLA -怪獣惑星-』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「とてもワクワクしながら子供のような感じで観てしまいました!」「ラストシーンは「マジかよ…」と震え上がりました!」「圧倒的な迫力をその目で確かめてほしい!」


上映中【2017年11月17日(金)公開】

 

日本だけでなく世界中で人気の怪獣、ゴジラ。同シリーズ初の長編アニメ作品となる劇場版3部作の第1弾。人類なき後、2万年もの間、地球を支配してきたゴジラと、彼らと対峙する人類との戦いが描かれる。『魔法少女まどか☆マギカ』の虚淵玄がストーリー原案と脚本を担当し、3DCG作品を得意とするポリゴン・ピクチュアズがアニメーション制作を手がける。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

巨大生物“怪獣”の出現と、その怪獣をも凌駕する究極の存在“ゴジラ”。半世紀に渡る怪獣との戦いの末、人類は敗走を重ね、ついに地球脱出を計画。そして2048年、中央政府管理下の人工知能による選別を受けた人間だけが、恒星間移民船“アラトラム号”で11.9光年の彼方にある“くじら座タウ星e”を目指して旅立った。しかし、20年かけて辿り着いたタウ星eは、予想を遥かに上回る地球との環境条件差により、人類が生存可能と言えるものではなかった。移民船に乗る青年ハルオ(声:宮野真守)は、4歳の時に目の前で両親をゴジラに殺され、20年もの間、地球に戻ってゴジラを倒すことだけを考え続けてきた。移民の可能性を閉ざされ、生存環境も劣悪となった船内では、ハルオを中心とした“地球帰還派”が主流となり、危険な長距離亜空間航行で地球を目指すことを決断する。だが、帰還した地球では既に2万年もの時間が経過。地上はゴジラを頂点とした生態系による未知の世界と化していた。果たして人類は地球を取り戻せるのか?そして、ハルオの運命は……?

●キャスト●

ハルオ・サカキ 宮野真守
メトフィエス 櫻井孝宏
ユウコ・タニ 花澤香菜
マーティン・ラッザリ 杉田智和
アダム・ビンデバルト 梶裕貴
ムルエル・ガルグ 諏訪部順一

●スタッフ●

監督 静野孔文 、 瀬下寛之
演出 吉平“Tady”直弘
ストーリー原案 虚淵玄
脚本 虚淵玄

映画『GODZILLA -怪獣惑星-』を観た人の感想、評価、口コミ

よくも悪くも遜色なし。
ゴジラの脅威というのが、SFやアニメーションを経てうまく伝わってくるのかな、という不安は、現実に。
タイトルで怪獣惑星といいつつ、その他の怪獣がでないのは、少し予想と外れた。
一作完結でなく、次に続くのは本作の強みとも感じる。メカゴジラ期待!
シンゴジに続いて好評になるといいな。

 

シン・ゴジラで相当上がってしまった期待値をどう超えてきてくれるのかと思っていたが、虚淵流ゴジラはSFゴジラという新しいゴジラを見せてくれた。

…とは言いつつも、理論に基づいた作戦、出撃前の演説など多少シン・ゴジラっぽさを感じる演出もあった。(今回のゴジラは熱核攻撃で倒せなかったということなので、もしシン・ゴジラが凍結に失敗していて熱核攻撃でも倒せていなかったら…というifストーリー的な側面もあるのかもしれない)

メカゴジラ好きとしては、メカゴジラが起動できなかったところで、「起動してくれよおおおお」と思いながら見ていたので、『決戦機動増殖都市』での活躍に大いに期待したい。

 

三部作の最初の作品。

60年以上の歴史があるゴジラで初のアニメーション映画です。
正直言うと公開される前までは非常に不安でした。あのゴジラをアニメで映画を製作すること、キャラクターのCGにも違和感を感じ期待は全くしてませんでした。

しかし、そんな不安を一掃するかのように予想以上に面白かったです!
映像も迫力がありアニメでしかできない表現方法、キャラクターのCGもプロの声優さんの演技もあって違和感なく鑑賞できました。

 

前半が致命的に退屈
後半はそれなりに迫力ありラストの本物のゴジラ登場には震えた
二部への繋ぎって感じなので三部まで見てもう一度評価するかも

 

アニメでやる意味のあるゴジラだった
特撮ってよりアニメって感じ

FWもアニメでやったらそこそこおもしろかったのかも
アレが起動しそうな感じとか次回作の副題とかシンゴジと別ベクトルでエヴァっぽい

 

うーん。
迷作中の迷作。。。
ラストでそう来るのか!?
T宝さんの思惑通りなのかね!?

メカゴジラがさっさと観たかった!

 

ゴジラファンとしてはアニメでゴジラをやると聞いて、たいへん懐疑的であったけれども、ダメでも何でも、一応見なければ、という思いで「GODZILLA 怪獣惑星」を鑑賞。

冒頭から、カマキラス、ドゴラ、ラドン、アンギラス、「ヘドラ」作戦、ビルサルド(ブラックホール第3惑星人)によるメカゴジラ建造など、昭和の東宝特撮作品の世界観を1つのユニバースとして再構築した設定はおもしろい。

 

ゴジラが好きな人よりもアニメが好きな人向けの映画です。両方好きな私は非常に楽しめました!

 

二部作目へ繋げるための素晴らしいオチ。作り込まれた話の設定とゴジラの迫力は圧巻でした。
まさかこの三部作にメカゴジラが登場することになるとは思いもしませんでしたね。

 

面白い!次回作に期待大

初めゴジラがアニメで公開されると聞き、私は胸が踊った。
ゴジラが誕生し今年で63年となり、近年ではゴジラというキャラクターの新たな側面を見せ、世の中を湧かせたものが今回はアニメというシリーズ初の試みにより一体ゴジラがアニメという新たな舞台でどう描かれるのか非常に心待ちにして11月17日まで過ごしたが、その間に「アニメだから見たくない」といった意見を時々目にした。今まで実写映画、特撮映画として成功を納めてきたゴジラ映画だからこそアニメ映画を毛嫌いする気持ちは分かるが、実写や特撮では表現できない事やアニメだからできる表現、演出で全く新しいゴジラを彩るため是非見てほしい。

 

メカゴジラが起動しないのは論外! どうせならメカゴジラMark-II、Zメカゴジラ、ZZメカゴジラ、量産型メカゴジラ部隊とか出しまくって大戦争をやってもらいたかったな〜。あのしょぼいパワードスーツじゃね〜( ´Д`)

この設定でレジェンダリーが作ったら、おもしろい物ができただろうな〜。

スポンサーリンク

 

いろんなところに突っ込めるイイ映画・・・です。
シールド張ってるゴジラに打撃を与えるために、わざとシールド張らせてコンマ数秒単位生じるシールド発生の隙に集中攻撃を浴びせるという作戦も、
いやいや、150発核撃ち込んでたら倒せるでしょそれなら。と言えたり。
今現在の世界が保有してる核兵器の数が一万発というのに、人類苦肉の策に使われたのが150発という人類の切羽詰まった感の無さもご愛嬌。

 

前半が若干怠いですが、後半はゴジラとの戦闘シーンが多く89分の上映時間が短く感じました。
エンド後に、次回予告?的なものあり。
続編公開迄に、4D上映があったりして。
続編が5月って。

 

迫力満点で緊迫感のある戦闘シーンは見れば度肝を抜かれ、今までないスケールで描くゴジラの強大さ、絶望感に圧倒されること間違いないだろう。
アニメゴジラは三部作であり、二作目は来年の5月公開だ。是非劇場に足を運び、圧倒的な迫力をその目で確かめてほしい。

 

シン・ゴジラに続いて、東宝が出してきたアニゴジですがゴジラに対しての知識なく楽しめる作品でした。シン・ゴジラの続きじゃないんですね。正直CG作品としてもここまでアニメーションとしても違和感なく物語に入られたのは造り手さんの努力の賜物だと思います。
ゴジラ映画としては新しいテイストですが、ラスト10分には流石に驚きました。このラスト見るだけでも、「やりやがったな虚淵!」と心で叫んでました。あと三部作なんですね。知らんかった…

 

シン・ゴジラ期待して観に行ったであろう客層は困惑したろうなぁという感じの、今のアニメオタク向けに作られた地球人主人公のSF映画でした。NOT怪獣映画。

登場人物にいまいち感情移入出来ないのと、対ゴジラの作戦自体には説得力を感じたものの描写からは説得力を感じなかったりでいまいちワクワクしなかったなぁと。SF的な要素を強く感じるのも序盤だけでウン。
ストーリー面でも画的にもインパクトが足りない印象を受けました。

いやしかし最後の10分程は最高に楽しかったですね。全3部作とのことなので次は観たいものが観れそうで期待しております。

 

個人的に今期最も好き。
え?ヤバイよこれ。ヤバイよマジ卍。

SF物で?ロボット戦闘物で?
怪獣映画で?モンスターパニック物で?
とにかく個人的に好きな要素しかない。
重低音機械音砲撃音咆哮音。とにかく耳も幸せ。立川極音上映で正解。
序として展開に満足。最終盤の展開で胸熱。スタッフロールの入り方で心配になったけど、終わりで再熱。
えええヤバイよこれ(語彙)

後、ゴジラがやたら肉体美晒してるのにおじいちゃん顔で可愛い。

 

ラスト10分に面白さを全振りしている映画。
最終決戦ではとなりに座っていた見知らぬ白人女性と顔を見合わせて爆笑してしまった。
スケールの大きさ、ここに極まれり。

『ファイナルウォーズ』感のあった冒頭をみて、正直こっちのほうがみたかったんだけどなと思ってしまう。
やっぱり俺がみたいのは怪獣プロレスと圧倒的な都市破壊なんだな。

史上最大を謳っていた割にはゴジラの描写がイマイチで、こんなもん?と拍子抜けしてしまった。
拍子抜けしてしまったのだけれど、今作はラストに全振りしている映画なので、そこは安心していいと思う。

 

「エウレカセブン」的なスピード感あふれる戦闘シーンが特徴的な、アニメ版ゴジラ3部作の第1章。

主人公のゴジラに対する剥き出しの憎悪、絶対強者のゴジラに人間が団体戦を挑む構造から、勝手に「進撃の巨人」を連想しながら鑑賞してました。

登場人物の背景描写がほとんどないままストーリーが展開していくことにビックリしましたが、どうやら「怪獣黙示録」という、前日譚を描いた小説があるようです、予習不足。
上映時間89分、ノンストップでした。次回作が楽しみです。

 

ラストシーンは色んな感情が入り混じった震え声で「マジかよ…」と震え上がりました
面白かったです

 

ゴジラとは何なのか?ゴジラを倒すにはどうすればいいのか?そもそもゴジラと戦うとはどういうことなのか?といった思考実験として超面白いけど映画として退屈だなぁ………と思っていたら!思っていたらですよ!!いやぁウロブチやりやがったな!最高です!

 

四足歩行戦車がカッコいい!
ブラムやシドニアと比べると音に迫力がなかった気が…。

 

ハードルをやすやすと越えてきた!
実写では不可能な設定と濃密なストーリー
そしてやってくる真の絶望。

まさしく史上最大のゴジラって感じだった。

虚淵玄のえげつなさがここでも刺さってくる
でも前章の「怪獣黙示録」を読んでないと評価が変わってくるかも。
観るなら絶対読んでおいた方がいい
続きが気になる、早く見たい!!

 

❝GODZILLA…またの名を怪獣黙示録と呼ぶ。❞
かなーり贅沢な作りと迫力にただただ高まるぅぅ!!!!!👌😆✨

❝第○章と入れない日本のタイトルに活路はあるのか?!❞👋😲👋笑w
はい。最近知りました三部作だってことw😓

 

ゴジラが主役の映画はもう見られないのでしょうか…?
『シン・ゴジラ』の大成功で人間に寄りすぎなドラマの展開ですが、『シン・ゴジラ』が良かったのは、今の世界に怪獣が現れたら、というシミュレーションがしっかりしていたからです。
これは現実とは別のパラレルワールドの中で、生物学がどうのこうのという前半があまりに退屈で…。
昔の失敗した方のハリウッドゴジラのようになっている感もあり…。
主演ゴジラ!な映画の登場が恋しいですね。

 

正直アニメだからと思っていたところはあったけど、しっかりゴジラしてたので満足。
話がとてもしっかりしていたので観てて飽きることもなく、映像も迫力があったので
とてもワクワクしながら子供のような感じで観てしまいました笑

 

ゴジラっていうだけで評価し辛くなるのは、もはやマジックですね。そんな題材にアニメという土壌で挑んだ事は評価していいと…思う。

音楽は期待以上で、するところでしっかり高揚できた。

 

くっそノリノリで鑑賞してもうた

音楽の重要性を感じたし
自社で音楽制作できる
東宝の凄さ...

宣伝プロデューサー
採用サイトで載ってた人で
勝手に親近感が湧き。

2部 5月まで待てんて。
ゴジラ強すぎ かっこよすぎ

 

おまえ1時間半もかけてそういうことするぅぅぅぅぅ(満面の笑み)
アニメでしか出来ないことやろうって姿勢と、ちょっと心の準備出来てない要素が散らかってて次への期待凄い。惜しむらくは、ドラマに重点置いてたけど、それに乗っかりづらかったぐらいかなぁ。

 

なんだか見覚えのある映画のストーリーが混じってできたようなイメージでした。(笑)
ゴジラシリーズで、とかではないんだけどあ、これあれじゃん。って思いながら観てました(笑)

ゴジラの名前お借りしました!って感じの映画だったかな...
ゴジラの顔はちょっとゴリラっぽくて不細工だった...(笑)

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-アニメ
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.