【口コミ・ネタバレ】映画『火花』の感想・評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

青春ドラマ

【口コミ・ネタバレ】映画『火花』の感想・評価評判

投稿日:


映画『火花』口コミ感想ネタバレ 映画『火花』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「桐谷健太も菅田将暉も関西人なので関西弁は上手いし、漫才も上手い!」「木村文乃は変顔も可愛い!」「いろんな意味で面白い人になりたいなと思える映画!」


上映中【2017年11月23日(木)公開】

 

第153回芥川賞に輝いた、お笑いコンビ、ピースの又吉直樹による同名小説を、又吉の先輩でもある板尾創路が映画化した青春ドラマ。漫才の世界で現実の壁に阻まれながらも、夢を追い求める若手芸人・徳永を菅田将暉、先輩芸人の神谷を桐谷健太が演じる。また、菅田と桐谷がテーマソングとしてビートたけしの名曲「浅草キッド」をカバーしている。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

お笑い芸人の徳永(菅田将暉)はスパークスというコンビでデビューするも、まったく芽が出ない。徳永は営業先の花火大会で4歳上の先輩芸人・神谷(桐谷健太)と出会う。あほんだらというコンビで常識の枠からはみ出した漫才を披露した神谷に魅了された徳永は、「弟子にしてください」と申し出る。神谷はそれを了承し、自分の伝記を書いてほしいと徳永に頼む。その日から、徳永は神谷との日々をノートに書き綴る。その後、拠点を大阪から東京に移した神谷に再会した徳永は、毎日のように芸の議論を交わし、神谷の同棲相手である真樹(木村文乃)とも親しくなる。仕事はほぼないが、才能を磨き合う充実した日々を送るが、やがて二人の間にわずかな意識の違いが生まれ始める……。

●キャスト●

徳永 菅田将暉
神谷 桐谷健太
真樹 木村文乃
山下 川谷修士
大林 三浦誠己
鹿谷 加藤諒
高橋努
日野陽仁
山崎樹範

●スタッフ●

監督 板尾創路
製作 岡本昭彦 、 市川南
チーフプロデューサー 古賀俊輔
プロデューサー 鳥澤晋 、 西野智也
原作 又吉直樹
脚本 板尾創路 、 豊田利晃

映画『火花』を観た人の感想、評価、口コミ

原作の良いところが上手く生かせていたと思う。全ての芸人さんの芸人を目指す勇気と、挫折する勇気を讃えたい。

 

神谷(先輩)さんがカリスマっていう設定らしいのだが、やっぱそのカリスマ感を出すのは難しいみたいで。全部滑ってるもんなー。
あと公園での急な雷雨とか、神谷さんがタワーに突き刺さってるみたいな画とか、いちいち鼻につくんだよなー。それいる?っていう。

あと、最後のおっぱいは原作にもあるのか...?

 

小説には人とは何か笑いとは何かを説いた作品と書いてあった。
その意味では映画で十分伝わったから成功したと思う。監督も芸人であるが故の説得力もある。ただ神谷のキャラが薄かった。天才肌で奇抜な発想の持ち主という設定があまり感じられなかった。でも、なんかすごい心に残ってる。おもしろかったな。

 

芸人のつらさを実感させられた。
笑える部分も多いけど、見終わった後
ちょっと寂しいような複雑な感情になった。

 

小説に結構忠実で良かったですし、木村文乃が、私が思った通りの見た目と声で、驚きました。
菅田将暉のお笑いへの熱も伝わってきましたし、テンポも良かったです。
とにかく、今の私にはグッとくる映画でした。

 

原作未読です。

特に印象に残っているのが、
スパークスのラスト公演。
徳永がありったけの思いを叫ぶ姿に感動しました。
客席を指さしながら「死ね」と連呼する姿は、序盤の神谷の「地獄」を思い出します。
これまでのスパークス、そしてこれからの山下のこと、漫才への未練。漫才への思い。夢を追うことの楽しさ、苦しさ。
あのシーンで様々なことを感じました。
単純に菅田将暉さん、凄い。
でもスパークスの二人の日常や葛藤がもう少し欲しかったかな、と思います。

 

原作があまり好きではなかったのですが、、映画にしたらどうなんだろうかと思い鑑賞。
………やっぱり、面白いとは感じなかった😫

桐谷健太も菅田将暉も関西人なので関西弁は上手いし、漫才も上手かった。
2丁拳銃の川谷さんも演技上手かった!
板尾監督の映像の作り方もこだわっていた。
でもイマイチ何が伝えたいのかよくわからんのですよ…感情移入ができない。

ただ木村文乃は変顔も可愛い❤️笑

 

原作・ドラマにはない、良くも悪くも、映画ならではの華があった。
ドラマとは比べられないクオリティだけど、最後の漫才はやっぱじんとくる。
いい映画。

 

人生の話。菅田将暉も桐谷健太もさすが。衣装最高。

 

予告が一番良かったなぁ。笑

売れない芸人の話だからネタが面白くないのは分かるんだけどあまりに単調で。菅田将暉の華やかさでなんとか持ってる感じがしてならない。芸人さん達に敬意を持ってつくられた映画なんだなぁ、というのは伝わってきた。
スパークス二人のシーンがもっと多かったら最後の漫才ももっと良かったかもしれない。

 

やはりこの作品も良い意味で
菅田将暉にやられたーって感じでした。🤦‍♀️✨

原作は読んだことがあったけど
やはり映像とか動きがあると
また違った見方ができたり
より一層感情が高ぶって心を掴まれた。
徳永と神谷さんの目に見えない空気感が熱くて羨ましいと思った。

世の中を覆すことができる
お笑いって奥が深いなって。
自分もいろんな意味で面白い人になりたいなと思える映画でした😙💓

 

徳永の憧れであった神谷がどんどん空回りした笑いへ向っていく姿は心が苦しくなりました。後輩に良い格好をし、借金にまみれ、お笑いもどんどん方向を見失っていく。そんな彼が最後に徳永と再会し、一緒にお笑いライブへ出ようと持ちかけた時、またキラキラと輝いていて本当によかった。

スポンサーリンク

徳永と神谷はお互いがお互いを成長させるとても良い関係だと思います。
映画ではそこで終わってしまいましたが、二人のこれからがとても気になりました。
夢を追いかける人は素敵だと思います。

 

なんやろなー
とにかく、見終わったら関西弁になってまうでほんま。

最近菅田将暉とかいう男がでてきはると、全て持って行ってしまうんやけど、
今作は桐谷健太という男も張り合っててえらいカッコよく見えましたわ

 

出てる人みんな上手かった!
原作未読で、勝手にスパークスの二人が早々に解散して桐谷健太と菅田将暉がコンビ組んで桐谷健太が酒に溺れて川に落ちて死ぬ話だと思ってたから全然違くて新鮮に見れた!(笑)
なにかものを作ってる人にはきっと刺さるシーンやセリフがありそう。
自分ではいいと思っていても、世間には受け入れられないこと。それでも世間に受け入れられなければ、続けていけないこと。
芸人、奥深いんだなあ。

 

個人的にはまりました。
板尾さんの監督ということで不安いっぱいでしたが、
頭の熱海営業後の飯屋のあおりカットなど、努力はしてるかなと。
Atami Ginzaの看板とか気になった。
素直じゃない撮り方で笑

ラスト舞台での菅田将暉は、独壇場。エネルギーあるなあ。
てか、すだまさき変換で出てこねえや。

 

菅田将暉くん演じる徳永の熱意と生き方にやられました。はぁ、と溜め息吐きたくなる瞬間にも笑いがあって、神谷伝記に書かれてた彼等全ての感情を見た感覚。徳永の曲がらず落ちぶれず、愛のある言動で明日も生きようと思わせてくれる、良い作品でした。

 

可もなく不可もなく。
10年の重みがあまりなくてうーん。最後の歌はよかったな。

 

主役の二人が好きでみたくなった作品。
桐谷健太の神谷役、はまりすぎとちゃうか!(笑)

原作は未読です。
脚本のセリフは原作から?
ちょっと哲学的な事言わせてます。かと思えば、ボケとツッコミ。

漫才師じゃないと書けないストーリーですね。
ラストの歌が、主役のふたりのユニットだけど、これがよかった!
又吉さんカメオ出演なしで、それが、映画に深みを持たせましたね。

 

桐谷さん見事にアホンダラを演じてた。
マキさんはドンピシャだな。
雰囲気で伝わってくる、
笑いと緊張感、その後の幸せ。
二人目の女は笑た。

「終わらないで」って思った。
久しぶりに。
それくらい心地良かった。

 

この映画で描かれているのは、挫折か。それとも希望か。
漫才で泣くっていうキャッチは一瞬気をひくが、それは観る側が決めることだろう。

挫折を額面通りに語らず、しかし安易な希望を持たせるわけでもないラストは原作と同様に好き。
ただ、板尾さんのスキャンダルはタイミング悪すぎです。

 

男くさいというか、男目線なので私にはよくわからなかった。

 

ひたすら菅田将暉の表情に圧巻された。
もちろん一役一役違う役だけど、
どのシーンとは言わず何度も、こんなも顔するんだ。と思った。

桐谷健太の役はは不器用さが可笑しくて、悲しくて、才能がないわけじゃないのに、信念はあるのに、迷いを隠さない姿がとてもかっこよかった。

観ながら、これ、板尾さんじゃなくて違う監督(映画界での大御所とか)が撮ってたらもうちょっと違う感じだったのかなーとも思ったけど、でもきっと、芸人さんにしか描けないこと、描けない感情ってあるのだろう。

 

又吉先生の原作を読んだことがある状態で鑑賞。結構、原作を忠実に再現できていたと思います。特に神谷さんが良かったです。本を読んでいた時に想像していたままの神谷さんでした。
ストーリーとしては割と淡々としていて盛り上がりにかけるかなと思いますが、神谷さんと徳永の会話とかは結構深いこといっているなと感じたり、メッセージ性は強いと思いました。また、スパークスのラストライブは感動です。

 

何だろう、、、。
とても印象に残りにくい映画だった。
原作読んでないので原作とどう違うのか、良いのか悪いのかは全然分からない。
桐谷健太と菅田将暉のかけ合いは観ていて楽しかった。
最後の漫才は感動的ではあったがどうもドラえもんの有名エピソードのパロディに見えて仕方なかったです。

 

面白かった。
芸人とか関係なく、自分で面白いと思ったことや仕事、アイデアが受け入れられない苦しさや逆に受け入れられた時の喜びなどがすごく伝わった。
特にドラえもんのひみつ道具を彷彿とさせるシーンには感動した。
芸人の相方という存在や師匠といった存在にすごく憧れました。

 

本読み、ドラマ観ての今作鑑賞。
芸人のリアルな人生が描かれていて、そのユーモア溢れた生活の一部がすごく病み付きになる。

短い時間なので相方と苦楽を共にするシーンが少なかったなと感じた。
なので、最期の引退ライブでの感動が少し薄れた。
とは言え引退ライブのシーンはやはり泣ける。思っていることの反対を言うシーンだが、芸人やって良かったという気持ちが照れを隠しつつ全面に出ていた。暴言がたくさん出るほど良かったと思える事がたくさんあったんだなと感じた。

 

芸人ってかっこいいな、テレビ見てたら想像もつかないけど、こんなこと考えてるんだ、と思いつつ、
全く同じとは言わずとも、夢を追いかける人、追いかけたことのある人は大いに共感できる葛藤やモヤモヤを描いていたし、

ラストシーンでのセリフは芸人に限ったことではなくて、きっとどんな職業の人にも当てはまる部分はあると思う。そう思った。というかそう思って働きたいし生きたい。

もっと言うと生きていること自体が面白いなって思えた。
誰をも否定しないでいてくれる作品。
原作読みたいです。

 

桐谷健太はやっぱり無邪気な役やると最高だし、菅田将暉初めてちゃんと演技見たけどめちゃめちゃうまいな、こりゃ引っ張りだこになるわって感じだったしまきさんの木村文乃可愛すぎだろ死ぬ…

プライベートというかこの3人揃った時は始終最強に楽しそうでそれを観れて超幸せだったしずっと観ていたかった
その空気や映像作った又吉、板尾、桐谷、木村、菅田、その他関係者に感謝

 

神谷は世間体より自分が良いか悪いかを重きに置いていて、徳永は世間体を気にし、一歩引いて自分を見てる。
やはり自分の持っていないものを持っている人は魅力的に見えるなと思う。そんな徳永と神谷は良き先輩後輩であり良き親友であるとても良い関係性だなと思う。

 

火花の二人の配役としては妥当かなって感じ。
原作が根底にあるのは勿論なんだけど、何か予想外の展開になるわけでもなく予定調和感に満ち溢れてた。予想通りの映画になりすぎな感じ。
音楽もお笑いも、好きな事と世にウケることのジレンマが大変なんだなって

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-青春ドラマ
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.