【口コミ・ネタバレ】映画『劇場版 Fate/stay night [Heaven’s Feel]I.presage flower』の感想・評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

アニメ

【口コミ・ネタバレ】映画『劇場版 Fate/stay night [Heaven’s Feel]I.presage flower』の感想・評価評判

投稿日:10/14/2017 更新日:


映画『劇場版 Fate/stay night [Heaven’s Feel]I.presage flower』口コミ感想ネタバレ 映画『劇場版 Fate/stay night [Heaven’s Feel]I.presage flower』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「映像の美しさに魅入ってしまう!」「キャラクターを丁寧に描いているように感じた!」「桜の心情が痛いほど伝わってきて心が震えた!」


上映中【2017年10月14日(土)公開】

 

“聖杯”を巡る人々の思いや戦いを描く、ヴィジュアルノベルゲーム「Fate/stay night」。一連のシリーズの主人公・衛宮士郎を慕う少女・間桐桜を通じて聖杯戦争の真実に迫る人気作を3部作として劇場アニメ化したその第1弾。キャラクターデザインや作画監督として、「Fate」シリーズに携わってきた須藤友徳が監督を務める。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

魔術師〈マスター〉と英霊〈サーヴァント〉が、あらゆる願いを叶える万能の願望器“聖杯”をめぐり戦う“聖杯戦争”が起きて10年、冬木市で再び戦争が始まる。前回の“聖杯戦争”の参加者である衛宮切嗣の養子・衛宮士郎(声:杉山紀彰)は遺志を継ぎ、戦うことを決意。そんな士郎のそばには、彼を慕う少女、間桐桜(声:下屋則子)がいた。彼女は毎朝毎晩、士郎の家に通い朝食と夕食を作り、天涯孤独だった士郎と優しい日々を過ごしていた。だが“聖杯戦争”が始まると、あちこちで殺人事件が発生、不穏な空気が漂い始めたことから、士郎は桜を自宅に泊めることを決意するのだった。士郎は召喚したサーヴァント・セイバー(声:川澄綾子)とともに、魔術師の遠坂凛(声:植田佳奈)と同盟を結び“聖杯戦争”に臨む。だが、その戦いは暗躍する者たちによって大きくきしみ、歪み始めていた……。

●キャスト●

衛宮士郎 杉山紀彰
間桐桜 下屋則子
間桐慎二 神谷浩史
セイバー 川澄綾子
遠坂凛 植田佳奈
藤村大河 伊藤美紀
言峰綺礼 中田譲治
間桐臓硯 津嘉山正種
美綴綾子 水沢史絵
柳洞一成 真殿光昭
衛宮切嗣 小山力也
ランサー 神奈延年
ギルガメッシュ 関智一
ライダー 浅川悠
アサシン 三木眞一郎
キャスター 田中敦子
アーチャー 諏訪部順一
葛木宗一郎 てらそままさき
イリヤスフィール・フォン・アインツベルン 門脇舞以

●スタッフ●

監督 須藤友徳
制作プロデューサー 近藤光
原作 奈須きのこ 、 TYPE-MOON
脚本 桧山彬

映画『劇場版 Fate/stay night [Heaven’s Feel]I.presage flower』を観た人の感想、評価、口コミ

TVシリーズを少しかじっていて、聖杯戦争とかなんとなくわかってるぐらいです。
先週と登場人物はかぶるけど世界は違うんですね。また、絵は先週は合いませんでしたがこちらの絵は綺麗です。

世代的にアーチャはシャアかと思いました。アサシンのキャラもいいですね。
見終わったあと、ヤバイヤバイと感想を言い合っている若い人たちの多いこと。想像以上に人気あるんですね。

 

HFは全くストーリーは知らず完全初見でした。
今までのFateで活躍してきたサーヴァントが早々に脱落して今までのとは違う予感がバリバリ感じます。

過去2シリーズでやってきた士郎の序盤は大幅ダイジェストになってましたが共通ルートらしいのでむしろ良かったですね。

3部作でかつ1年ごとに公開と聞いたので完結が2年後と言うのは長いので尺の都合とはいえ嫌になりますよねぇ

 

分岐ものなのでUBWの重なる部分は少し駆け足気味だったので見てからの視聴することをお勧めする。三部作ものなので内容的には物足りないところはあるが、やはり作画は神でした。もう途中で発狂するかと思ったよ。

 

サクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラサクラかわいい

 

原作未プレイ。アニメの Fate/Zero は一通りみました。
原作のストーリについては、友人から聞いた程度です。

少し話が断片的(盛り沢山)な感じで、ある程度前知識がないとよくわからないかもしれません。
さすがに戦闘シーンはすごいです。中二心をくすぐる感じでいいですね。

 

関連作品を全く観ず鑑賞。
攻殻機動隊と同じく、初見の人に塩対応な映画でした。
(なんとなくそこは予想していたので心に傷は負わず。
ただ、友人は謝罪してました。)

 

だいたい世界を救おうとする少年は
身近な人たちは守れないオチな気がするんですが
シロウさんはどうなんでしょうか…落としどころが気になる。

 

本編は結構楽しめた。急に話が飛んだように感じる事もなく、細かく丁寧に話は作られてたと思った。桜ルートというのもあって、士郎と裏に深い闇を抱える桜との関係性がしっかり見れて良かった。
アクションシーンもかっこよかった。カメラワークは臨場感あったし、思いのほかTV版よりもアニメーションのキレが増してるなと思った。(特にバーサーカーとの戦闘がすごいと思った)極爆というのもあって、効果音はとても気持ちよかった。SwishやWhooshは迫力あったし、打撃系の音もドスッと低域の重みがしっかりあって満足。

スポンサーリンク

 

セイバー編と凛編を足して割って更に追加要素盛り沢山なような内容な気がした(*^^*)
今までと全然違う話の進め方で面白かった。
二章も楽しめそうな予感がします。

 

丁寧に作られていた分、少し上映時間が長かったかな?
でも、戦闘シーンはさすがに迫力ありますね。
今回はギルさんとバーサーカーの出番あまりなかったので次作が楽しみですね。

 

「はふはふ」
吹き出る汗、堪らず胸元のボタンを外す。
「・・・」
「・・・食うか?」「食うか!」
非常に丁寧に描かれたマーボーのやり取りを観られただけで笑顔になれます♪
原作にはなかった導入部等、とにかく間桐家の活躍満載のHFルート映像化第一部。

個人的にはイリヤとセイバーの「再会」の場面をもう少し意味深に描いても良かったかなと思いつつ、とにかく次作以降も鑑賞出来るという幸福を糧に日々頑張ります。

 

映像の美しさに魅入られました。
他のstaynight作品を見ていないと苦しい部分はあるかもですが、まだ見ていない方にもぜひ予習して見に行ってほしい作品かと。
一人一人のキャラクターを丁寧に描いているように感じました。所作の一つ一つに意味があるというか、どういう心情かが伝わってくるというか。
戦闘シーンの美麗さは是非劇場で、と言いたいです。
エンディングは桜の心情が痛いほど伝わってきて心が震えました。

 

初めて「空の境界 俯瞰風景」を観た時のあの感覚だった。ufotableの作品はどれも見事だけど、こと劇場作品に関してはさらに際立って良いわ。ありがとう、早く第二章観たいです。桜かわいいよ桜

 

オープニングが思いっきり省略されて初見に厳しい内容の割に、序盤は少し冗長に感じられました。省くところを間違ってるような気が。ヒロインの魅力も微妙なのでやや厳しめの評価に。3Dのアクションは良かったですね。

 

凄い、の一言。
細かいところまでこだわっていてFateへの愛が感じられました。
キャラクターみんなそれぞれ丁寧に描かれてましたね。

イリヤが大人になったような気がしました。
美綴をやさしく扱うライダーもとても良かった。
そして慎二はなんかイケメン。

 

桜が本当に丁寧に描かれて嬉しいです。可愛いし、美しい、儚げで…

真アサシンvsランサーの戦闘シーンは鳥肌ものでした。あと虫の気持ち悪さもいい感じ。
桜ルートの全体的に暗い雰囲気も出ていたように思います。
エンディングの歌も桜の気持ちと重ねて聴くと思わず涙が…

とにかく、もう一回観に行きます。

 

Fateシリーズ通して一番好きなstay nightアサシンが見れて感動(血涙)

 

前半の日常シーン長いなぁ、と感じたが、制作者の意図した通りとのこと。
確かに実際の時間以上に長く感じられ、
良く言えば限られた時間で日常シーンを丁寧に描いており、
悪く言えば単にアニメーション的な面白さがなく退屈だった。

 

真アサシン(敢えてこう言う)ファン歓喜のアクションシーン。
無双してます。
そして桜は永遠の後輩。

 

策謀渦巻くHFの魅力が良く出てる。
fateルートやUBWルートで目立たなかったキャラクターが活躍するのも良い。
特に真アサシン関連は全て素晴らしい。

序章であり、これから盛り上がる話だから、今の段階では甲乙付けがたいが、期待通りの面白さはあると思う。

 

桜とライダーのお山がとても柔らかそうな描写に力入れてることは絵からとてもとても伝わってくるので円盤とかで追加シーンに期待

 

戦闘シーンは結構見応えあった。序盤のライダー戦は流石にギャグが過ぎてかわいそうでしたね。
TVシリーズと比べて作画レベル良くなってる気がする。女の子みんなかわいい。私服メディア出したのは英断。遠坂のエロシーンはもう少し長くても良かったんやで。
飛ばしてるシーン多かったから、原作未プレイだと脳内補完が辛いかもって思ったところがそこそこあった。まず臓硯何者だよって。
道場でセイバーと修練するシーンが全く無いから終盤の士郎×オルタ戦に繋がらないんですけどそこは大丈夫なんでしょうか。

 

最高の2時間だった!
原作を愛するスタッフ陣の手によって隅々までこだわり抜かれた作品作りに圧倒!!
よくぞ難しい作品を完璧に仕上げてくれた!続編も楽しみに、そして安心して任せられる!これを楽しみに生きていられる!

 

丁寧にヘブンズフィールやってくれています。作画も安定のユーフォ。バトルシーンは、一見の価値あり。
麻婆のシーン、やってくれてうれしかった。

 

ずっとずっと楽しみにしていました。
全ルートを知っていたからこそ、楽しめたと思います。
映像、音楽、芝居全てにおいて最高だったと思います。迫力があり、美しさがあり、どんどん惹き込まれていきました。
そしてHFは桜√。
桜がとにかく可愛いです。表情や仕草、どれをとっても可憐で危うげで、目が離せません。
特に最後の雪の中でのシーンは、下屋さんの芝居と映像が合わさり思わず涙が出ました。
そこから主題歌の『花の唄』がはじまり、その歌詞を聴いてまた涙し。
桜のための歌、桜のことを考えながら聴くとじーんとすること間違いなしだと思います。

 

とんでもない熱量がワンカットごとにひしひしと伝わる。
これが「魂のこもった」を本当に表した作品だ。

 

Fateのアニメシリーズが好きな僕の中では今作は期待を遥かに上回ってくれました。
3部作の1作目にしてここまで面白くしてくれるとは……
制作側の気合いが伝わりました。

 

リヤが過去作に比べ少し大人っぽくなり、また他√と同じセリフの言い回しが少しずつ違うことに感動しました。舞ってるイリヤも新鮮です。
第2、第3章と進むとイリヤ好きな私はさらに涙が止まらなくなると思います。

 

原作は未プレイ…。
先が気になる…。

ランサーと真アサシンの戦闘は1000万ぐらいかかってそう(多分)。
それぐらい戦闘シーンには迫力があります!
家に帰ったらドアに虫が居て間桐臓硯の仕業かと思った。
EDのAimerの曲が泣けてくる…。

ちなみにゲームは買いましたw

 

ストーリーはUBW観ててよかったというぐらいには初見さんお断り。知ってるよねの体で進みます。まぁ好きなひとしか見に行かないだろうけど。
戦闘シーンはさすがのUFOtable。かっこいいの一言。
謎がまだまだあるので来年の二章も楽しみ。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-アニメ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.