【口コミ・ネタバレ】映画『光』の感想・評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

人間ドラマ

【口コミ・ネタバレ】映画『光』の感想・評価評判

投稿日:


映画『光』口コミ感想ネタバレ 映画『光』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「橋本マナミさんのお尻より長谷川京子さんの唇に釘付け!」「BGMがすごく気持ちいい!」「瑛太の演技が光ってます!」


上映中【2017年11月25日(土)公開】

 

本屋大賞を受賞した「舟を編む」などで知られる三浦しをんの同名作を、『まほろ駅前』シリーズの大森立嗣監督が映画化した人間ドラマ。平穏な日常を過ごす男女の前に、25年前に離島で起きた悲惨な事件を知る男が現れ、運命を狂わせていくさまがつづられる。事件の加害者である中学生のその後を井浦新、彼を脅す幼なじみを瑛太が演じる。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

東京の離島、美浜島。記録的な暑さが続くなか、中学生の信之は閉塞感を抱きながら日々を過ごしている。だが、同級生の恋人・美花がいることで、毎日は彼女を中心に回っていた。一方、信之を慕う年下の輔は、父親から激しい虐待を受けているが、誰もが見て見ぬふりをしていた。そんなある夜、美花と待ち合わせをした場所で、信之は美花が男に犯されている姿を目撃。美花を救うため、信之は男を殺してしまう。次の日、理不尽で容赦ない自然の圧倒的な力、津波が島に襲いかかり、全てが消滅。生き残ったのは、信之のほかには美花と輔とろくでもない大人たちだけだった……。それから25年。島を出てバラバラになった彼らのもとに過去の罪が迫ってくる。妻(橋本マナミ)と一人娘とともに暮らしている信之(井浦新)の前に輔(瑛太)が現れ、過去の事件の真相を仄めかす。封じ込めていた過去の真相が明らかになっていくなか、信之は、一切の過去を捨ててきらびやかな芸能界で貪欲に生き続ける美花(長谷川京子)を守ろうとするのだが……。

●キャスト●

井浦新
瑛太
長谷川京子
橋本マナミ
南果歩
平田満

●スタッフ●

監督 大森立嗣
製作 近藤貴彦
プロデューサー 近藤貴彦
原作 三浦しをん
企画 近藤貴彦

映画『光』を観た人の感想、評価、口コミ

久しぶりにモヤモヤする映画を観ました。
なかなかよかったです。
この感じでいろいろと考えながら帰るの好きです。

冷静で冷酷な信之と、輔の無邪気な笑顔が観れば観るほど怖かったです。
お二人の演技は素晴らしいです。

橋本マナミさんのお尻より長谷川京子さんの唇に釘付けでした。
音楽の感じは嫌いではなかったけど、好き嫌いが分かれるかなと思いました。

 

後は大人になった美花役、どう見ても橋本マナミのほうが適役だったのでは…!?
ああいう女のオーラー顔から体から滲み出てるんですけど…
途中までそのつもりで見てたから、余計にこのキャスティングに違和感。
しかも、濡場ではあそこまでやっておきながら完全に乳首だけはガードする姿勢にも違和感。
あそこまで執拗にガードするって、もはや黒ずみ過ぎて恥ずかしくてとても見せられるものではない。という理由なのかと思えてくる。

 

唯一評価できるのは瑛太の演技。
彼だけが光ってた。後は糞。
岡本太郎も途中引っ張り出されていたけど、こんな作品に使われちゃって気の毒…
この映画に関わった人、瑛太以外は誰も得してないんじゃないかな!?

 

あらたさんの怪演が光っていた。
物語は予想通り進むのにそれがまた虚しい。
あとはBGMがすごく気持ちいい!

 

とにかくマイナス要素しかない。
久しぶりにここまでネガティブな悪意に満ちた作品観た。

ジェフ・ミルズなんでこのサントラのオファーを受けたんだろう!?
マイナスプロモーションにしかなってないし、彼の音楽が全く活かされていない。

 

原作既読で展開がわかっていても
見応えある作品でした。
個人的には足立正生監督が
強烈なキャラで登場して釘付けに。

 

7

 

色々と突っ込みどころ満載の不快極まりない作品で、酷評ではあるんだけれど、ある意味ここまでひどい気分になる作品も稀なので、
是非劇場でこの貴重な体験をするのもお勧めです。

 

近年稀に見る衝撃作。映画館で観る商業映画というより、昔、大学の講堂で観たような、日本独特の湿気のあるドロドロ、ザワザワしてくる世界観。三浦監督は『まほろ駅前…』シリーズで瑛太を知り尽くしているのでしょう、瑛太の演技が光ってます。井浦新はどんなに残忍なことをやっても上品でスマートさがあるので、嫌いになれない貴重な人材。この二人の内側からえぐるような愛憎対決を見るだけでもこの映画を観に行く価値がある。ひららちゃんもあの幼さであの役は衝撃です。

 

新しい挑戦・芸術を目指した、というコメントにはとても納得。
話の内容も相まって好き嫌いは大きく分かれそう

でも大画面大音量で見るべき映画だと思いました。
そしてなにより、役者さんたちの演技がとにかくすごい!

 

ただただ凄かった。
後味の悪さやテクノミュージックなど好き嫌いが大いに別れる作品だと思う。

でも、井浦新と瑛太の本能のぶつかり合いは凄まじく、もはやリアルな感情なのか芝居なのか境目がわからないほどに、役と一体化していて圧倒された。
2人の演技を見るだけでも価値がある、いや、ぜひ見てもらいたいとさえ思う。

スポンサーリンク

 

三浦しをんさんの作品の中では異色、かなり重い内容だということでレンタル待ちかなと思っていましたが、舞台挨拶があったので、観てきました。
挨拶の中でも「大丈夫かな」「覚悟して」とおっしゃってましたが、始めから悪いことしか起きないような音楽と雰囲気で、ただただ目で追うのが精一杯でした。

光、なんてなかったような。
光、なんて求めてなかったような。
終わってから色々考えてしまう作品でした。

 

良かったとは言い切れないけど悪かったとも言い切れない、なんともモヤモヤした感じ〜〜
でも、久々に演技力とか気にせずに観れたので、主役御二方の演技力は本当に凄いと思いました

 

目の光が消えた無機質な井浦新の不気味さと冷酷さ。無邪気さと純粋さと狡猾さをないまぜにした瑛太のコロコロと変わる表情、そして狂気じみた笑いが脳裏から離れない。

共感できる登場人物は誰もいない。でも、愛情に飢え、時折捨てられた子犬のような顔をする輔を、ただギュッと抱きしめてあげたくなった。

 

大森監督も「歯ごたえがある映画だ」と、言うほど、見終わってもザワザワとします。
監督が「すぐに結果が出るような柔らかい食感の映画ばかり見ずに、たまには歯ごたえがある映画を見て咀嚼して咀嚼して結果を出すのもいいのではないだろうか」
とゆー言葉の通りだと思います。

観賞後に答えなんて出ません!

 

後半ぐだったー
もやもや、わさわさしてる帰り道
瑛太の演技が最高過ぎた

 

今までと違うことしたかったのは伝わりました。
主演の2人がすごいよかったです。新さんこわすぎだし、瑛太さんの頼りない感じも切なかった…橋本マナミのくたびれた感じもよかった

映画館の空調が信じられないくらい暑くてはよ終われって思ってました。そんな4D要らない。
舞台挨拶付き上映にて。2人がじっくり関係を作り上げたのが伝わりました。
音楽はかっこいいけどちぐはぐじゃね?てなった
「とにかくヤバイ」みたいな言い方をしてたけど邦画だしこんなもんかな〜てかんじです

 

なんだこの世界観。あまり邦画が得意でないから受け止め方がわちゃわちゃしている。ただ輔が人としてかわいかった。瑛太の演技も良かった。この後味の悪さと受け付けない感が監督の意図するものだとしたら、完璧だ。
あとやっぱり整形気になる!!

 

日常に潜む、物理的なものに限定されない様々な「暴力」を描いた作品。

ひと言に「暴力」と聞くと、ついつい殴る蹴る、或いは罵倒によるそれを想像しがちだが、ときにそれは人が表には出さないその人の真意であったり、妄想であったり、自然の猛威であったり、抗えない運命であったりする。

先日の他作に続き、またまた登場人物が誰も救われない、タイトル以外のどこにも光なんて見いだせないストーリー。

 

井浦新さんの理性と狂気、瑛太さんの残酷なまでの無邪気、長谷川京子さんの、ある種の女性特有とも言える、自分の行いに対する腹立たしいまでの罪悪感の欠如・悪びれの無さ、橋本マナミさんの絶妙な「自分」というものの無さなど、皆素晴らしい表現だった。瑛太さんの巧さにはいつも驚かされる。
後味は良いとは言えず、消化不良の様な状態が観賞後しばらく続くが、誰もが持つ闇や狂気について考えさせられる作品で面白かった。

 

大森監督が出会うべくして出会った作品であり撮るべくしてとった作品なのだと思う。
緑、海、人間の臭いがダイレクトに匂ってくるような映画だった。
瑛太が怪演、新が静かに黒い。

 

言いたいことも分かるし、役者の演技もよかったけど、所々に挟み込まれる機械音を100倍不快にしたような音楽が受け付けない…。あれがあることによって、いちいち集中力が削がれるし、ブツブツ切れる印象。

長谷川京子のヒアルロン酸唇が、もはや平子理沙なのでは…?ってなくらい似てて、何が何だか…。
執着のしすぎはいいことない!

 

認めたくない感情が、真夏の空気や街の雑踏、むさくるしさと一緒に丁寧に描かれていて、とってもら心が動かされた。
しばらくぼーぜん。
考えずにはいられない気持ち。
感情がミキサーの中でかき回される。
心のレスポンスがある映画。共感できる話がいいわけじゃないと、新と瑛太のビジュアルもあいまってわかる。
不協和音が伝えるストーリー。ジェフミルズの音楽、合わなさが効いててありだと思う。
静の新と、動の瑛太、めちゃよかったー。

 

僕たちは 人間のふりをして 生きている
今年観た映画の中で一番こわかった。

そしてこの映画、好きになれる人が一人も出てこない。
そして橋本マナミのおっぱいを揉みたい。

 

ド頭から強烈な違和感を覚えた
自然豊かな島の光景とは相反する爆音テクノミュージック
観客の感情を逆撫でするかのようなアンバランスでアンマッチなBGMだが、次第に劇中の歪さと馴染んでくる
ストーリー展開とは無縁に感じられる岡本太郎のオブジェやその他アート作品も、劇中の歪さを際立たせるのに一役買っている
気付けばどちらも必要不可欠な要素になっていた。

 

登場人物がみな、普通より少しだけ不機嫌で性格が悪い。グロテスクなシーンもあり、見ていて気分が悪くなる。時々、場面に合っていない奇妙な音楽が鳴る。アート系作品を目指しているのか知らないが、うるさいだけ。

 

なんだかひたすら虚しくて、映画を観ながら悲しくなる。
ジェフ・ミルズが音楽を付けたということで観に行ったけど、それも成功とは言い切れない気がしたかな。‬

 

鬱蒼とした自然に、けたたましいテクノの曲のミスマッチが、狂気を表しているみたい

 

青春★★★
恋 ★
エロ★★
サスペンス★★★★
ファンタジー★★★
総合評価:A

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-人間ドラマ
-, , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.