【口コミ・ネタバレ】映画『アトミック・ブロンド』の感想・評価評判 - ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末

スパイアクション

【口コミ・ネタバレ】映画『アトミック・ブロンド』の感想・評価評判

投稿日:


映画『アトミック・ブロンド』口コミ感想ネタバレ 映画『アトミック・ブロンド』あらすじ 公開上映中おすすめ映画

「80年代のBGMがスタイリッシュ!」「シャーリーズ・セロンがセクシーでカッコよすぎる!」「女版ジェームズボンド!!」


上映中【2017年10月20日(金)公開】

 

シャーリーズ・セロンがスゴ腕の諜報員を演じるスタイリッシュなスパイアクション。東西冷戦末期のベルリンを舞台に、二重スパイによって奪われた世界情勢に多大な影響を及ぼす極秘情報が記載されたリストを奪還しようとするスパイたちの攻防が描かれる。監督は『デッドプール』の続編を手がけるデヴィッド・リーチ。-Movie Walker-

 

あらすじ<STORY>

1989年、東西冷戦末期のベルリン。世界情勢に多大な影響を及ぼす極秘情報が記載されたリストが奪われる。イギリス秘密情報部MI6は、凄腕の女性エージェント、ロレーン・ブロートン(シャーリーズ・セロン)にその奪還を命じる。ベルリンに潜入中のエージェント、デヴィッド・パーシヴァル(ジェームズ・マカヴォイ)と共に任務を遂行するロレーン。だが彼女には、リスト紛失に関与したMI6内の二重スパイ“サッチェル”を見つけ出すというもうひとつのミッションがあった。リストを狙って、ベルリンに集結する世界各国のスパイ。誰が味方で誰が敵なのか。敵味方の区別がつかない状況の中、ロレーンと世界の運命は……?

●キャスト●

ロレーン・ブロートン シャーリーズ・セロン
デヴィッド・バーシヴァル ジェームズ・マカヴォイ
スパイグラス エディ・マーサン
エメット・カーツフェルド ジョン・グッドマン
エリック・グレイ トビー・ジョーンズ
C ジェームズ・フォークナー
デルフィーヌ・ラサール ソフィア・ブテラ
メルケル ビル・スカルスガルド
ジェームズ・ガスコイン サム・ハーグレイブ
時計屋 ティル・シュワイガー

●スタッフ●

監督 デヴィッド・リーチ
製作総指揮 ニック・メイヤー 、 マーク・シェイバーグ 、 ジョー・ノーズマック 、 ティーヴン・V・スキャヴェリ 、 イーサン・スミス 、 デイビッド・ギロッド 、 カート・ジョンスタッド
プロデューサー シャーリーズ・セロン 、 A・J・ディックス 、 ベス・コノ 、 エリック・ギター 、ピーター・シュウェリン
原作 アントニー・ジョンソン 、 サム・ハート
脚本 カート・ジョンスタッド

映画『アトミック・ブロンド』を観た人の感想、評価、口コミ

東西を隔てる壁の崩壊が近づくベルリンで複雑な裏切りのゲームが始まる。
私はスパイものの複雑な人間関係が苦手でよくこんがらがるので、前半はよくわからなくて少し退屈気味だったが、後半からは人間関係がよく分かり始めて、さらにスタイリッシュアクションが増えてきてすごく楽しかった。
そして、ラストのストーリー運びは意外で意表を突かれた気分で良かった。

 

女性版007という触れ込みもありましたが、僕が思ったところだと
「ティモシーダルトン版ボンドにジョンウィックおまけしておきました」
みたいな感じ。

アクションは予告でいってるほどでは、、、。
ノーカットだから凄みは伝わるけど、主人公が結構ボロボロになる上、爽快感やタクティカル性を感じるかというとそうでもない。中途半端だなぁと思いました。

 

予告編の感じだと、もっとアクション寄りな内容かと思ってたけど、各国スパイによる騙しあいによるシーンがかなり多い。
これが意外に複雑で、話が理解できなかったところも結構あった…笑

肝心のアクションシーンはさすがのデヴィッド・リーチ監督だけあって見応え充分なので、是非映画館の大画面で観てほしい作品。

 

「007 カジノ・ロワイヤル」でダニエル・クレイグを初めて観た時に匹敵する興奮度、男顔負けを絵に描いたようなセロン嬢の過剰サービスも◎でございました♪

 

アクションシーン◎
80年代のBGMがスタイリッシュでこのスパイ映画を際立たせていた。

 

シャーリーズ・セロンの美貌がどんどん痣だらけ傷だらけボロヨレになってゆくので興奮しました。

 

アクションシーンといえども、特筆すべきは終盤でのワンカットの肉弾戦の場面。20分近くカットが切れていないんじゃないかというほどの長回しながら、アクションの激しさ、手持ちの良さを活かした迫力のカメラワーク、一体何テイクやったんだろう。

 

長回しのアクションは息を飲む迫力です。
登場人物の相関図を予習しておいた方がわかりやすい。

 

連れて行ってもらわなければ絶対観ないジャンルの映画でした。
とにかく音楽ガンガン敵ボコボコで洋画ってカッチョいいなあと思った。
アクション映画だしボーッとしながら観れるだろうと高を括っていたら、しっかり世界史的背景やミステリ要素もあり、ちゃんと予習してもっと頭を使って観ればより楽しめたかもしれない、後悔。

 

う〜ん、女スパイものなら「ソルト」の方がずっと面白いし、
その様な作品を期待すると、う〜んとなってしまいます‥

内容的には完全に"アトミック ブロンド"というタイトル負けだな‥

脚本としては、どんでん返しのつもりでも、
見ている方は、何か驚くような雰囲気になれない‥
回想シーンで終わるラストもつまらん‥

スポンサーリンク

 

アクション映画=感覚的に観れると思って行ったら、そういうわけではなくて反省。いわゆる銃撃戦・裏切り・逃亡・ロマンス…で終わらせないどんでん返し、長回しのアクションシーンは観ていてはらはらした。
ネオンの色合い、主人公の衣装がオシャレ。終始カッコいい音楽が流れてて、映画館だったからか大音量でそれを聞けたのは楽しかったかも。結構過激でグロいけど、主人公が突き抜けてかっこいいから観ちゃう。

 

うーん、グロいだけ
あんまよくわからんかった

 

シャーリーズセロンカッコイい!
カメラワークに頼ってないアクションが素晴らしい!
そしてジェームズマカヴォイは本当に演技上手い!
ソフィアブテラちゃん…言えない。。

皆んなの感想は、
シャーリーズ姐さんに抱かれたい!(男女問わず)、もしくは踏んづけられたい!で一致!

 

金髪が素敵。ボブで前髪あるんがいいね。ファッションセンスもいい。
こんな細い腕のどこにそんな力が...っていう疑問は捨てて、スタイリッシュな金髪美人の強さを、アップテンポなBGM付きで観ているだけである程度満足できる。

 

全体的にかなりハイセンスな仕上がりになってます。
撮り方や色合い、音楽のチョイス、時代設定、今までありそうでなかった映画です。
新しいスパイアクション映画です。

 

007やMIシリーズと同じスパイアクションではありますが、それら2つとは違い特殊な武器などは出て来ず、生身のアクションと心理戦が繰り広げられていました。特に終盤の建物での格闘シーンはとても見応えがありました。また、そのシーンが7分半ワンカットで撮っていたことを、見終わった後で知り、驚愕でした。そのくらい見応えがありました。

アクションも見所とは思いますが、人と人との騙し合いも深く関わってくる映画なので、普段のアクション映画よりもずっと頭を使って見た気がします。続編もあれば期待したいと思います。

 

かなりストイックなストーリーでした。このクールさは久々、あの初代グロリアを彷彿とさせました。
この映画を一言で云うと、ぼかすか殴って、殴ってる方がゲンコツ痛くなるよねって言う、あの感じ(どういう感じ?)。

主演のお方は何か全てのキャラ演技が同じに見えてしまいます。表情が硬いというのか、、、
そういう持ち味が存分に本作で生かされていました。

 

シャーリーズ・セロンがカッコよすぎる。
もはやカッコいいと観客に言わせたいがためのドヤが過ぎる映画になってるけど、それでもこういう男前な女性が好きなので黙って見られた。

 

長回しのアクションシーンが見てるこっちも痛いし疲れてきて凄かった。
組織名と名前を頭の中で整理しながら見るのが大変で、もう一回見直したい感じ。だけどもう一回見たい!ってなるほどハマりはしなかった〜

 

女版ジェームズボンドということで、アクションもさることながら、シャーリーズセロンの美しが半端ない!
大抵スパイ映画は頭がついていかないのですが(笑)、今回もやはり二転三転する状況に置いていかれました(_ _)でも、東西冷戦末期という状況が上手く練り込まれてと思う。バイオレンスとタバコの印象が強く残りました。

 

スパイアクションといえば、華麗に潜入しスタイリッシュに敵を始末する…おおむねそんなイメージが強かったけど、本作はその真逆を征く。

女性が主人公ではあるものの、それで甘やかすことなくビシバシ殴られ殴り返すハードコアな展開は『エル ELLE』を彷彿させ、ジェンダーを超越した映画は観客のニーズより制作陣の力強いメッセージを感じた。

 

はっきり言って、映画に慣れている
人じゃないと難しい作品です。
でも、とても面白いです。
何度もみかえしてこの時はこーゆうことなのか、と納得できそうです。
何度も見てられるし、迫力がありすぎてスリル味わえます。ものすごく。
主人公が美しすぎる。そして、いろんな表情を作り上げるのがうますぎて。
とても良かったです。
.
まさかのこーゆうことなのかという展開もなかなか面白い

 

全体的にトーンが統一されていて、とってもスタイリッシュ!シャーリーズ・セロンの美しさが一層引き立てられて、見てるだけでも目の保養でした♪
ノリのいい選曲に乗せてストーリーが進んでいくなか、BGMなしの長回し戦闘シーンは後半部分の見どころ!

 

アクションがスゴイ!
確かに話が混み合っててスッとは
入ってこないけど。。。

マカヴォイのボウズと
シャーリーズセロンの美しさ
だけでも見る価値あり!!

 

分かりづらいスパイ映画に分かりやすさをプラスしたバイオレンススパイアクション。
途中迷子になってもいいんです。
最後に「あーなるほど」で片付けてしまえるので、安心して見てください。

 

マッド・マックスに引き続き、女であることを武器にしないし、闘い方も性別を感じさせない力強さ、とても好感持てて素晴らしかったです。
ソフィア・ブテラはかわいかったけれど、そんなにアクションシーンがなかったのが勿体なかったかな。。
「時計屋」と「メルケル」が何だか謎めいていて、個人的にはとても興味そそられる存在でした。

 

確かに間違いはありませんでした❗
『マッドマックス怒りのデスロード』
でのフュリオサ大隊長そのままに今作のシャーリーズセロンの体技には驚かされました❗

とは言え、細っい非力な女性が、
ごっつい男と対する闘い方に注目が集まるところだと思いますが、
狭い場所へ誘導し待ち伏せ一撃!
鍋やコルク抜きで一撃!
もちろん迷いのない急所攻撃❗も、
世の女性に護身術的なお手本を示してくれたかの様な目新しいアクション❗
痛快です🎵

 

アクションシーン、一発一発が重くてかっこいい。銃以外にもその辺にあるものをガシガシ武器にして戦うんやけど、龍が如くの戦闘シーンみたいでよかった。あとマカヴォイがめっちゃマカヴォイ!

 

率直な感想「やられた〜」って感じ。何がとは言わない。ストーリー展開もテンポ良かった。ただ内容が濃いから好みは分かれるかも。アクションは個人的には満点。シャーリーズ・セロン演じるローレン・ブロートンが、セクシーでとにかくカッコイイ。観たら惚れると思う

 

良い所と悪い所が隣で同居している映画だった。
観るときの気分ですごく左右されそう。

まず全体的に話の進み方がユージュアルサスペクツに似ているからどうしてもシャーリーズセロンを疑っちゃうよね。
まぁでも話も二転三転して見ていてスカッとするし、アクションもかっこよくて気持ちいい。

 

※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆
下記のコメント欄、またはメールフォームまでお送りくださいませ!
お気軽に書き込んでください!!

上映中の映画のみんなの口コミ、評価、感想|ENJOY CINEMA エンジョイシネマ


スポンサーリンク

-スパイアクション
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ENJOY CINEMA|映画ネタバレ口コミ評価あらすじ結末 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.